転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書が欠かせません。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須だとされています。ほぼすべての会社は履歴書に加えて職務経歴の記載内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、これらの書類の作成が重要なポイントになってきます。内容が魅力的であることも大事です。「職務経歴書」は、過去の職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を記入してみましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば売上〇%UPした等、明瞭に記してみましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントを活用したり、よりよい内容にしてみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを頼ること満足のいく転職をするための良い結果を導きやすくなります。

転業するつもりなら、こまめに多様な会社の採用情報の詳・・

転職したいなら、労を惜しまずに様々な企業の募集案内を普段から調べておくと転職先を大いに選択しやすくなるでしょう。今現在の仕事に満足していないケースでは、本腰を入れて転職活動を始めたときにどんな会社でもいいように見えます。そんな状況に陥ってしまうと、どこに決めればいいのか、困ってしまいかねず、会社選びに失敗してしまいます。そうすると、最終的には一瞬で退職しなくてはならなくなるので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性ある良い企業は、取引している会社を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。さらに、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。

何年か前までの求人情報には、雇用主の希望する「性別」…

一昔前の求人情報には、必要とする人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。けれど最近では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女差別が雇用の際にあってはならないという決まりになり、応募資格の中身に「性別」を明記できなくなりました。そのような変化があったのですが、求人情報を出す企業は、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。そのため、本当は男手が必要なのに、女性の応募が殺到したり、女性希望の企業に男性がエントリーしてきたり、といった問題もひとごとではないのです。もし、「女性が活躍できる職場です」といった内容の案件は、会社側が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいたほうが良いといえます。

転職活動をしている際に、面接時に高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、正直に話してもOKですが、これと違って転職理由について隠さずに話すのは問題です。給与に関する不満、人間関係に対する不満など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。それにプラスして、この企業に入ってこんな貢献をしたい、3年後にはこうなっていたい、その希望が叶うのは御社しかありません、と志望動機に話をすり替えてみましょう。

転職を成功させるための会社での面接での多数の人が考え違いをしているので・・

転職の際に必須となる面接では、やめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり無理に猫かぶりをすることです。すると思いのほか逆効果になります。ですから、例に挙げるならば面接時は、「育休」といったような、普通はかなり聞きづらいことも勇気を出し訊いておくと、最終的に間違いなく自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そのような無神経なそういった内容を無神経に尋ねたら、最終選考に響くのではないか」と不安がるかもしれませんが、ところが、かえって面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いといいます。これらの「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。しかしながら、不採用を恐れるあまり、聞かないのも事実です。けれども、勇気を出し一歩踏み込めば「言うことはちゃんと言える人だな」ということで思わせることができます。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました